お笑いタレント1

タレントと呼ばれるいわゆる芸能活動をおこなっている職業の中でもお笑いタレントはおもしろいことをいって笑わせる役割を持っているといってもよいでしょう。今のテレビ番組や、映画などではなくてはならない存在となっており、テレビをつければ必ずどこかにお笑いタレントの姿を見ることができます。ただ、とても浮き沈みが激しい世界なのでお金がなく貧乏生活を強いられてい芸人さんも多いとか。生活が厳しいため、中にはカードローンでお金を借りている芸人さんもいるぐらいシビアなようです。ここではそんなお笑いタレントについて語ってみたいと思っています。

 

お笑いタレントの歴史

お笑いタレントが行う芸の基本は、喜劇であったり落語や漫才などの伝統芸能がルーツになっているものが多く、現在ではコントや、ものまねといったものが人気があり、テレビなのの映像媒体を通して私たちはお笑いタレントたちをみることができます。

 

元々は路上でやっていた大道芸であったり、劇場で上演されていた落語などがお笑いタレントの居場所だったと考えられますが、テレビの普及によって劇場からお茶の間へと届く電波へとその活動の場を移し多くのバラエティ番組にはお笑いタレントの存在はなくてはならないものとなっています。

 

このような経緯があるためお笑いタレントの歴史はテレビと共にあるといっても言い過ぎではないでしょう。テレビ放送が始まった当初は、劇場に出ている漫才師の漫才や、落語家の落語などをそのまま電波に乗せていただけだったのですが、しだいに数人のグループを組んでコントをやったり、音楽バンドだった人たちがコミックバンドとして人気を集めるようになり、そこからさらにバンドではなくお笑いに重きを置いたグループに転身したりして、徐々にテレビを媒体にしたお笑い形態ができあがっていきます。



このような音楽から転身したお笑いタレントには植木等率いるクレイジーキャッツや、後にお笑い業界を接見することになるザ・ドリフターズなどの存在がメジャーになっていくと同時に、浅草などの劇場で漫才をしていたお笑いタレントたちがコンビでコントをするようになり徐々にテレビに進出していきました。この頃のお笑いタレントには、コント55号、ツ−ビートなど漫才ブームを牽引したお笑いタレントたちが多く存在しています。

 

そして70年代に入ると大阪の吉本新喜劇や松竹新喜劇などの舞台に、間寛平や、藤山寛美などの舞台芸人が続々とテレビに進出して親の間をわかせることとなり、これが現在のお笑いタレントの基盤を作ったといえるでしょう。吉本、松竹は未だにお笑いタレントを排出し続ており、お笑いタレントの所属事務所といえば今でも吉本か松竹芸能というのがほとんどです。

 

80年代に入るとついにお笑いタレントが世の中を接見することになる漫才ブームが到来します。その火付け役となったのが、バラエティ番組「オレたちひょうきん族」です。この番組では多数の出演者によって行われるコントがベースになっていて、出演者はいつもの自分の芸ではなく全く新しいものに挑戦することで様々なブームを巻き起こしました。この芸の域を超えたお笑いが今のお笑いタレントの基礎を気づいたといっても過言ではありません。

 

お笑いタレントのメインの立ち位置が劇場ではなくテレビに移り変わったことを決定づけたのもこの番組でした。芸人は劇場でやっていることをそのままテレビでやっても受けないため、テレビ用のネタや立ち位置を求められるようになっていき、次第にツ−ビートのビートたけしや。明石家さんまなど本来の芸人というたちばよりもテレビタレントの方に偏ってしまうことで本来の芸からは離れていくお笑いタレントたちも増えてきていました。

おすすめWEBサイト 5選

ベビーカー・チャイルドシート

鉄道模型の通販専門店

便利なスーツケース

大型免許をとるなら

G-CLUBはドイツ屈指のペットフードメーカーboschの北海道代理店です。

無添加のドッグフードの通販サイト